産後は「寝不足」に悩まされて肌荒れを起こしやすいので要注意!

出産を経て無事赤ちゃんが生まれたときはとても幸せなものです。しかし病院を退院してからは今度はいきなり、1日24時間常に赤ちゃんのお世話に追われる事になります。
産後のお母さんたちは、
「とにかくまとまった睡眠がとれない!常に睡眠不足!」
と一番の悩みに睡眠不足を挙げています。

そして睡眠不足から「肌荒れ」を起こしやすくなり、ニキビや吹き出物、乾燥肌に悩まされてストレスを溜めてしまうようです。

【寝不足が続くと肌荒れしやすくなる理由】
・肌のターンオーバーがうまく機能しなくなる
肌はおおよそ1ヶ月単位で生まれ変わります。古い角質層がはがれ、新しい肌になります。これは夜、眠っている間に行われる大切な肌の機能です。しかし赤ちゃんのお世話で数時間おきに起きてしまうお母さんはどうしてもターンオーバーが低下し、角質層がはがれずに固くなり、肌荒れを起こしやすくなります。
・ゴールデンタイムの肌への栄養補給が行われにくくなる
通常だと寝ている時間、夜の10時ぐらいから深夜2〜3時ぐらいまではお肌にとってゴールデンタイムと言われています。この時間に上記にあげたようなターンオーバーが行われると同時に肌に対する栄養補給も行われるからです。しかしこの時間も産後は授乳や夜泣きで何度も起きることになり、お母さんの肌はバリアー機能も低下して肌トラブルが起きやすくなります。

肌の健康にとって睡眠はとっても重要です。しかしそれ以上に赤ちゃんのお世話も大切ですね。この時期は割り切って、ある程度の肌荒れは「しょうがない」と思うようにしてみてはどうでしょう。簡単なスキンケア製品を選んで、お風呂上がりに化粧水と保湿ローションぐらいのお手入れだけは続けるようにしてみましょう。肌荒れをそれより酷くさせないように注意していけば、赤ちゃんは半年を過ぎるぐらいからだんだんと夜寝る時間も増えてきますから大丈夫ですよ。

また同時に赤ちゃんの乾燥・肌荒れにも注意。

赤ちゃんの肌はとても柔らかくて綺麗ですが、実はかなりバリア機能が弱い肌です。大人のように表皮がしっかり形成されておらず、ちょっとしたことで肌荒れしてしまいます。だからよだれでもかぶれるんです。

思っている以上に乾燥してしまいます。一度乾燥すると結構厄介で、この時期の乾燥有無がアトピー症状を引き起こすきっかけになるとも言われています。

赤ちゃんに使える優しい保湿剤もいいですが、医薬部外品の自然に肌の機能を助ける保湿剤も有効です。

あまり保湿しすぎというのもよくありません。赤ちゃんがこれから培う保湿力をじゃましてはいけません。それにあまり塗りすぎるとテカテカになっておかしくなってきますからね。